ティペット

ハマナカの編み物用具、『アンデミルミル』を使ってティペットを作りました。
はんど&はあとの2010.10号です。一度作り目を作ってしまったら、ひたすらリリアンみたいに糸を掛けてすくうだけなので、編みながら「中原の虹」の2巻を読んでいます。1巻目はストーリーの背景や登場人物の紹介が多い感じだったけど、いよいよ物語に入っていき面白くなってきました。

ティペット・・・付け襟のことです。
58段編まなければならないところを、キットでついてきた毛糸で編んでいたら48段しか編めなかったのです。どれだけ緩く編んだの?って感じでしょ。
でもそんなに緩い手で編んだわけでもない。
編んだ後、引き延ばしたり多少の調節が出来るので縦横の長さは指定通りにすることが出来ました。
毛糸フワフワで使うのが勿体ない感じ。
それに使うのも、「あ、はんど&はあとのキット??」なんて聞かれそうだから使うかどうか分からないけど、アンに使わせてあげても良いかな~?

iPhoneから送信

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. okinawakaiganb より:

    沖縄の田舎者が立ち寄りました
    コメント書き込みますが、お気を悪くされたらゴメンなさい!
    私は田舎者なので写真の品がどのようなものかまったくわからないのですが・・・
    素晴らしい出来栄えと思います
    左右均一にバランスを取りながら、細かい光の明細反射を感じます(失礼ながらおそらく、あおいさんのO型てきとう撮影アップにもかかわらず)
    これはこれからクリスマスに向けてイルミネーションなどの多彩な照明の舞台(デパートやスーパー、それなりのイミテーションポイント)で素晴らしい輝きで周囲に愛想を振り込むと・・・
    持っていぶらないですぐにアンちゃんに使わせて、あらゆるシーンで写真撮影をしてアップしてくれることを楽しみに待っています。
    アンちゃんへ
    ママの趣味に深夜まで付き合わされないように、ママの行動をなだめてください!

  2. あおい より:

    ★okinawakaiganbさん
    沖縄さん、こんにちは!これ、iPhoneで撮った写真をイタズラ加工したものなんです。ショット自体は微量なフラッシュくらいしかないので、写真はコンデジとは出来映えが違うのですが、すぐiPhoneから記事を公開できるので、以前より気楽に記事をアップできるようになりました。
    クリスマスも頑張りすぎて知恵熱が出ない程度に頑張ります!!