ガーベラ

ガーベラって花らしい花ですね。
これも結構ブーケで使われる人気のあるお花です。
花瓶で活けていると夏場はすぐ、茎がどろどろと溶けてしまい駄目になるのが早いのですが、比較的安価で見栄えもいいのです。
色がたくさんありますが、同じ花びらの色でもあれ??なんだか印象が違うってことありますね。

それはもしかしたら、花の中央部分の色が原因かもしれません。花びらの色が同じでも中央部分が白系のものと、黒系のものがあり、白系だと明るい感じ、黒系だと強い感じがするのです。
白系のものは「ガーベラ〜色の白目」。黒系は「ガーベラ〜色の黒目」と白目、黒目という言葉で表現されます。時により発注時、白目、黒目も指定していました。
それからブーケにする時には殆どの花の場合、つぼみも併せて使うのですが、ガーベラのつぼみって可憐ではないので、開いているお花しか使いませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする