手縫いのおさらい その4 カードケース

カードケース

これ、できたのは半月以上前なのですが、写真が上手く撮れなくて・・・、記事にできませんでした。

手縫いのおさらい・・・今回はちくちく・・と、ボタンつけ、ボタンホール、ホック、スナップ、くりみボタン作り、面ファスナーをつける(マジックテープ)などのおさらいです。

カードケースを広げると

この色の布に、赤のステッチを入れるので、目立ちます。
気が抜けないです。

右側は生成のコットンの布が使われていますが、これは私が間違った位置にボタンホールを開けてしまったため、布が足りなくなってしまい、仕方なく布を足すことにしたという苦肉の策です。

作り方通りだったら、全て同じ布で作っているはずなのですが・・・。
継ぎ足しをわざと色を変えることで失敗を誤魔化してみました・・・。

ホント、ハンドメイドには失敗がつきもの。
って、私が失敗が多いだけかな。

カードケース、ひとつ折ると

ミシンを出すと大ごとになるので、手縫いでちくちくは気軽です。
でも、このカードケース。
布を本のようにいくつも折りたたむので、必要な生地がかなり横長で作っているうちに全体がずれてこないようにするのに、ちょっと気を遣いました。

それから、面ファスナー縫いつけるときですが、普通の針で縫おうと思ったら困難です。とてもきれいに縫う、と意識する以前の状態で針が曲がってしまいます。私も何本も曲げてしまいました。

途中からウォルドルフ人形を作るときに使った布団針を使ったらだいぶやりやすかったです。

何のことだか、できあがりを見てもわかりにくいと思いますが、同じ作品を作る方に向けての一言でした。参考までに・・。

手縫いのおさらいの過去記事
その1その2その3