尾白の森名水公園べるが・親水池編

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。
親水池

 

(親水池)

今回、絶対行ってみたかった白州・

 

尾白の森名水公園べるが
実は初めて行ってみました。

森の中を入っていくとゲートがあり、そちらで入園料(大人¥200)を支払います。
どうも、私達が想像していたより、この公園はずっと広いらしいのです。

この名水公園べるが、の中には様々な施設があるのでした。

オートキャンプをしているところもあるようだし、温泉や宿泊施設もあるし、レストランもあります。水遊びと行っても大きい子ども向けの尾白川の堰堤の方と、小さな子ども向けの親水池の方とあるのです。

 
 

親水池は小さな子向け・・と思っていたのでその広さにびっくり!!

 

浸かるアン

とても天気が良かったのに、混雑するほどでもなく、のびのび遊べるんです。
深さもなく、アンったらワニ状態。

砂場

 

(砂場)

砂場コーナーもあります。

 

岩の上
ロックウォール
(ロックウォール)

 

ロックウォール

アンが楽々登るところをみると、簡単なのかな?

 

固定遊具

固定遊具のコーナーもあり、水遊びが苦手なお子さん、身体が冷えたお子さんもこちらで遊んでいます。

ターザンロープ

ターザンロープもあります。

ゴムボード持参
 

ゴムボード持参しました。

ゴムボード持参
(ゴムボードでpukapuka)

知らない子ども達も集まってきて、一緒にボートに乗ったり、押して貰いました。

テントの下は休憩場所

テントの下にはテーブルと椅子があり、私たちもひとテーブルを陣取り、休憩したり食事をしました。午後遊び疲れたレオが寝てしまったので、このテントの下にレジャーシートを敷いて寝かせました。
日陰は涼しく、当然ながら風通しもよく横になると気持ちがよくて寝込んでしまいそうでした。

噂では16時半を過ぎるとこの親水池の水はみんな抜かれて干上がるそうです。ですから、時間になると自然に子ども達も遊びを止めてすごすご引き上げてくるらしいです。

この後、パパとアンは大きな子向けの尾白川(おじらがわ)堰堤の方へ。
レオと私は日陰でお留守番です。

尾白川堰堤
(尾白川堰堤)

こちらはもう少し大きい子向け。
川の生き物も観察できます。

滝2 滝

 

(滝)

滝があります。高さは10m以上あるようです。

秘密の通路
(秘密の通路)

この滝の裏側に回ることができるのです。

滝の裏側を見る
(滝の裏側を見る)

こんな感じです。

滝3

ひとが小さく見えます。
この上から滑れるようで、

滑り台
(滑り台)

滑る子どももいたけれど、入水すると水が冷たかったそうで、アンは1回で懲りてしまいました。
北杜市の夏は涼しいですから。
水温もなかなかあがらないのかな。

 

アンは身体が冷えたようです。
おまけに雨が降り出しました。

 

足湯
(足湯)

そこで親水池の近くにある温泉施設の傍にある足湯に浸かってきました。調整湯温ではありますが、ふんわりと温まりいい感じ。

 

足湯更に近付いてみると・・

 

(足湯、更に近付いてみると・・・)

 


こちらの足湯は無料です。
ここで気持ちよく過ごしたら温泉の方にも入りたくなりました。
こちらは入園料の差額で入湯できるそうです。

 

足湯1枚目の画像の後ろに写っているのが温泉施設です。
次回は是非、ゆっくり浸かりに来たいナ。

今日は大人の入園料¥400で遊べちゃいました。
お昼はべるがの近くの白州・道の駅のスーパーで調達しました。

白州・尾白の森名水公園べるが(北杜市観光情報より)

http://www.city.hokuto.yamanashi.jp/hokuto_wdm/html/joy-h/13282031442.html 

北杜市白州町白巣8056
電話番号 0551-35-4111
入園料 大人¥200 (5歳以上有料、金額未確認。北杜市民は無料。温泉施設については別途料金がかかります。)
定休日 2007.07より水曜日に変更
駐車場 多数あり、無料

その他周辺レジャーリンク集はこちら!随時更新中!!>>
八ヶ岳・北杜市周辺観光、レジャーリンク集