インターネット

ぷららのホームゲートウェイによるIPoE接続が自動的にONになった件

お久しぶりです、ケンケンです。

先月、知り合いのインターネット環境更新を手伝いました。

旧環境
・ドコモ光|ぷらら
・ホームゲートウェイ(PR-S300SE)からのPPPoE接続
・WiFi親機(Aterm)はブリッジ接続

新環境
・ドコモ光|ぷらら
・ホームゲートウェイ(PR-S300SE)にログインできなかったのでPPPoE接続はそのまま
・WiFi親機(TP-Link Archer AX73)はIPoE(IPv4 over IPv6)接続

今月に入って、ネットにつながらなくなったとの連絡があり、調べてみたところ、インターネット接続のランプがオレンジに。

ホームゲートウェイのPPPランプがオフに。

有線LANではつながるということが分かったので、ホームゲートウェイによるIPoEが有効になっていることを疑いました。
家族の誰も設定変更していないようだったので、ぷららの利用状況照会ページを見てみたところ...
やはり、設定がONになっていました。

原因はこれです。
では、なぜ変更されたかですが、ぷららから届いていたメールで判明しました。

困るなあ。これ、ルーターでIPoE接続している人はネット止まりますよ。
かなりの数トラブルが発生しているのでは?

今回のようなサービスの提供に影響がある設定は「快適になるのでONにすることをおすすめします。ただし~の場合があります。」って案内するよね。
よっぽど、PPPoEのトラフィックが厳しかったのかな。

勝手にルーター設定を変更したことはぷららのサポートに電話して確認しています。

今回のトラブルの対策は、ぷららの利用状況照会ページにある[確認・設定]リンクからIPoE接続をOFFにする(ホームゲートウェイ内にあるIPoE接続用の事業者アプリがアンインストールされる)方法と、WiFi親機をブリッジモードに変更する方法の2つがあります。

前者で対応すれば元通りにできますが、今回の場合は、知り合いの息子さんが旧環境のAtermを再利用してブリッジで接続して使っていたので、TP-Link Archer AX73もブリッジ接続にしました。(ネットの接続速度がちょっと落ちたかも...)

以上、参考になれば幸いです。

-インターネット
-, ,