ぐりんぱの『ピカソのタマゴ』OPEN!!(静岡県裾野市)

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

 

少し前に相○湖の『ピカソのタマゴ』をご紹介した私たちですが、今回はCyber Buzzからの案件で静岡県裾野市にあります、考えるアスレチックぐりんぱのピカソのタマゴに行って参りました。
 

ぐりんぱ、ピカソのタマゴ、アスレチック遊具

ぐりんぱの園内で思う存分遊んできたので、色々記事に書きたいと思いますが、今回はまず新オープンの『ピカソのタマゴ』をクローズアップ!

なんと!OPEN初日の7/17に伺うことができました!!

ぐりんぱ到着!!
駐車場は普通車¥1,000ですが今回はご招待ですのでここは顔パス。
駐車場は開場してすぐなので入口の近くに駐めることが出来、お土産物コーナーを通って園内へ。

ずんずん歩き、園内の一番奥にあるピカソのタマゴへ。
相○湖~ほどではありませんが緩やかな斜面を上がっていきます。

ワンデークーポン

(1日フリーパスで遊べる、ワンデークーポン)
 

入園料だけで入った場合は¥400が別にかかりますが、1日フリーパスになる「ワンデークーポン」でも利用出来ます。
(※家族で利用するならお得なファミリーパックもあるので、料金についてはぐるんぱのホームページをチェックして下さいね。公式サイトは記事の後ろの方にリンクしています。)
このピカソのタマゴ、利用者は3歳以上。そして小学生未満は付き添いが必要です。また、体調の悪い方、心臓の悪い方、妊婦さんは参加出来ません。

静岡第一テレビ

オープニングセレモニーに立ち会えました。

テープカット
 

(テープカットの後、集まった人たちで風船を飛ばしました。アンやレオも参加です。)
地元の放送局など、報道機関が取材に来ていました。この後少し準備体操をして、ピカソのタマゴに挑戦です。
 

観覧車から「ピカソのタマゴ」を観る

(観覧車からピカソのタマゴを観ると・・・・。)
 

16の考えながら楽しむアスレチック。
見た目も美しくユーモラス。

こ の日は私の住む神奈川県はこの夏一番の暑さだとか、36℃になっただとかニュースになっていたそうですが、比較的日差しが緩やか。
園内のスタッフの方にお話しを聞いたところ、標高1200mあるため、ぐりんぱの辺りは山の天気。そして気温も低いです。
真夏と言えど、日中は暑くても日陰に入ると涼やか。曇りだったら半袖は寒いくらい。

取材依頼の段階ではこの暑い中アスレチックだなんて根性なしの私が耐えられるかしら・・・?と思いましたが、高原で涼しい土地柄なんですね。
夏休み中って外で遊ばせたくても熱中症が心配で家で過ごしがちですが・・・、
ぐりんぱのピカソのタマゴは、夏休み中のような暑い時期にうってつけのプレイスポットだと思いました。

ご紹介していきますね!

ピカソのタマゴ 案内図

ピカソのタマゴの全景案内図。
その施設面積は約6,000㎡です。

では遊具のご紹介をしますね!!
 

①アンジェレーションスクリーン

壁と壁の隙間が狭苦なっている迷路です。細い子どもの方が通れる場所が多いかも!

ナローフォレスト

②ナローフォレスト

パイプの柱で出来たカラフルな迷路です。

 ネットケーヴ

③ネットケーヴ

ネットのヘビのようなトンネルをくぐり抜けます。細いトンネルもあり、荷物があると通過が大変です。

 スパイダークライム

④スパイダークライム

地面に降りないで横へ横へと進みます。

 ブラン・ブランチ

⑤ ブラン・ブランチ

落ちないように枝分かれした道を歩きます。でこぼこがあったり、なかなか難しいです。

 ウォーピングウォール

⑥ウォーピングウォール

子どもはバランスをとりながら進めますが、大人は壁を掴みながらじゃないと進むのは大変です。足元も傾斜があります。

 プリティメイズ

⑦プリティメイズ

いわゆる迷路です。
 

 エコロスレーブ

⑧エコロスレーブ

丸太の棒を押しながら進みます。何人かで力を合わせるべし!

 ウェーブライダー

⑨ウェーブライダー

でこぼこな階段です。カラフルでメルヘンな階段です。

 スラストボム

⑩スライストボム

巨大なボールを動かしながらゴールを探し進みます。

 スリップクラウン

⑪スリップクラウン

大きな土管のようなところをいくつもよじ登って進みます。私はコレが一番きついです。幼稚園児には手助けが必要でしょうね・・・。
 

d>

 パイピングウォーキング

 ⑫パイピングウォーキング

パイプを乗り越えて進みます。

 アンバランスビーム

⑬アンバランスビーム

くねくね歪んだパイプ2本を上手に使って進んでいきます。

 ワインディングルール

⑭ワインディングルール

曲がった棒を上手くかわしながらくねくね道のゴールを目指します。

 バブルスルー

⑮バブルスルー

くぐりながら進むのですがこれは子どもが有利です。

 ロッククラスター

⑯ロッククラスター

気分はゲームの中。遺跡の様な迷路を上ったり、くぐったりでゴールへ・・・・。

 
ゴール!!

約1時間。高原の爽やかな風に見守られ、応援を受けながらしっかり全身を使って楽しんできました。
レオは「もう1周しようかな・・・。」などと行っていましたが、楽しいながらもそれなりに疲れましたぁ・・・。
でも身体を使うだけでなく、工夫されたアスレチックがデザイン的にも美しくて、まるで彫刻の森で遊んでいるような楽しさも体験出来ました。

この後、園内の他も回ってきたのですが、こんなにいろんな要素を一度に体験出来る場所ということで家族みんな大満足の1日になりました。

頑張ったご褒美に・・、というかオープニングのプレゼントキャンペーンと言うことで、

ピカソのタマゴ ルービックキューブ

オリジナルミニサイズ、ルービックキューブキーホルダーを頂きました!
「考えるアスレチック」に相応しいプレゼント。

このキーホルダー、実際に頭を使って遊べるところがスバラシイ!

因みに小さなお子さんがいらっしゃったり、参加出来ないご家族は・・・、

休憩ゾーン

こちらで見守ることが可能です。
この休憩ゾーンを囲むようにアスレチック遊具があるので、お子さん達がプレイしている様子をある程度観ることが出来るんです♪
そこがまた、よく考えられていて感心しました。

今日は「ピカソのタマゴ」の部分をご紹介しましたが、後日記事で園内の他の魅力もご紹介します!

→ぐりんぱの他記事

ぐりんぱ「ピカソのタマゴ」Webサイトはコチラ


ゆうえんち ぐりんぱ
http://www.grinpa.com/

静岡県裾野市須山字藤原2427 
電話番号 055-998-1111

営業時間は日によって変動します。詳細は公式サイトでご確認下さい
また、通常は水曜日が休園になりますが、ゴールデンウィークや夏休み期間中は営業しているそうです。
休園日等もご確認の上でご来場されますようにお願いします。