大滝湧水の釣り堀(山梨県北杜市小淵沢町)

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

大滝湧水の釣り堀

北杜市滞在2泊3日。
但し、今回皆様にお届けできる北杜市のネタはたったひとつ。
今回はレオの希望により、釣りをすることになりました。

日本名水百選の大滝湧水公園へ。

大滝湧水のレストラン

レストラン大滝湧水
ここはかつてリーズナブルに美味しい食事が頂けるので、穴場なレストランでした。
しかし、あんまり観光客が訪れるような場所ではなかったので、季節限定で開いたり、メニューが大幅に変わってしまって、残念・・・。今は休館中で再開の見込みもはっきりしません。

こちらで食べた山菜の天ぷらはウドやタラの芽などたっぷりのって、美味しかったのに・・・。
それから入口の右側には池があって、ニジマスなどが泳いでいました。
観ているだけでなんだかとても豊かな気分になれたのに、ここの池も水が抜かれてしまっています。
川魚定食もニジマスやアユなど頂けて、結構美味しかったです。
なんせ、この大滝湧水、良い水が湧くところなのです。
ですから土地の利を活かそうとしたレストランでしたが、町内の方が会合などに利用するのが殆どで、採算が合わなかったんでしょうねー。

今こちらで唯一観光客も楽しめるものがあるとしたら、それは釣り堀です。
こちらのきれいな冷たい湧き水(年間を通して水温は12~13度)で育てられたニジマスを釣ることができます。プールの延長のような釣り堀と違い、こちらは自然も堪能できるようなこじんまりとした釣り堀。
しかもリーズナブル。

釣り堀受付

大滝湧水の釣り堀の受付はこちら。

釣り堀料金表

我が家は子ども2名分(大人も子どもも同額)+えさ代+持ち帰りの魚の代金を支払いました。
なんと、竿付きでひとり¥300
混雑していなければ特に時間制限もなく、釣り上げた魚は目方分だけ支払えばよいという目方釣り。
 

釣り開始

釣り開始!!

以降の写真には虫の苦手な方は要注意!!

餌のパッケージ
 

餌はこちら。
ブドウ虫です。
これを針先に掛けて釣るわけですが、私も出来れば触りたくない感じの虫です・・・。
餌付けはパパの仕事になりました。

本当のブドウ虫というのは大量に育てることが出来ず実は高価なので、これはハチミツガの幼虫をホルモン剤を投与して特に巨大に育てた別種なのだそうです。ホルモンの操作をしているので、幼虫からサナギになることもない気の毒な虫なのです。
 

ブドウ虫

こんな風に整列して、並んでいます。
カブトムシの幼虫を飼っていることもあってか?アンもレオも躊躇無く触っていました。さて、子ども達が竿を垂らしている間は少しパパに任せて、私は大滝湧水のスナップを撮りに出掛けました。

大滝神社

釣り堀の同じ敷地内に大滝神社があります。
画像の階段の右側には写真には写りませんが釣り堀が見えます。左側の葉っぱ達はわさび畑

わさび畑

わさび畑です。

大滝神社

大滝神社です。

武淳別命が当国巡視のおり、清水の湧出をご覧になり、農業の本、国民の生命、肇国の基礎と賞賛し、自ら祭祀し大滝神社が起こったと伝えられる。
 

湧き水

神社の真横。
こちらは内野聖陽さん主演のNHK大河ドラマ「風林火山」の中の1シーンでも出てきた場所ですね。
って皆さん普通は覚えていらっしゃらないと思いますが、主人が「風林火山」をみていたので、「あ、大滝湧水だ!!」って教えてくれました。
雰囲気のある場所でしょう??

大滝神社からみた釣り堀

大滝神社からみた釣り堀はこんな感じです。

釣りをしているのは私たちだけでした。3連休なのに。
こんなにきれいなところなんですよ~。
北杜市、紅葉も進んでいます。でも我が家に比べてかなり寒い。まだ私の家(ブログ上では秘密です。)のあたりでは秋なのに、北杜市は冬が始まっていました。北杜市に住まれている方はまだ暖かいと言われるでしょうけど・・・・。

電車

それに電車(中央本線)が通るんです。
電車好きにはたまらない??

そんな風にプラプラしていましたが・・・、

釣り場

おおっ!!アタリだ!
 

ニジマス釣れた!

見事、釣り上げました~~。(殆どパパのおかげだけどね。)
レオは釣り釣りと言っていた割にいざ釣り上げて魚を目にすると腰がひけていました。
一方アンは平気です。

お魚の顔

針を飲んでしまったお魚。
生きている魚を間近で観るのも子ども達には新鮮なようです。
 

src="/files/images/200811/IMG_3301s.jpg" alt="本日の釣果" />

目方でお買い上げなので、6尾釣ったところで終了しました。1時間半くらい居たでしょうか。釣り堀入場料(竿付き)2人分の¥600とえさ代、6尾分の目方売りでトータル¥1,900でした!
釣り堀って高いイメージがあったけど、非常に良心的ですよね。

よ~し、今夜はニジマスを食べよう~♪と盛り上がる両親に、
「かわいそうー。」と子ども達。
アンは「1匹だけでももちかえりたい。」
「むりだって、しんじゃうよ。」

この後、釣り堀の方にワタを抜いて貰ったのですが、かわいそう、とかいう割にバッチリ観ていたようで・・・。
我が家は持ち帰り夕食のおかずにします。

お魚の調理が苦手な方も、お願いすれば1匹あたり¥200で調理(塩焼き)してくれるんですよ。
その場で頂くことが出来ます。

大滝湧水
http://www.city.hokuto.yamanashi.jp/hokuto_wdm/html/joy-k/89285171558.html
山梨県北杜市小淵沢町上笹尾2734-2

大滝湧水の釣り堀(現在はJAの管理ではなく、民間の管理になっています。)
営業時間 9:00~17:00
定休日 火曜
(釣り堀の問い合わせ先は次回確認したいと思います。)

ねぎ味噌を詰めて焼く

ねぎ味噌をつくってお腹に詰めて焼きました。(魚調理はパパの担当)
味噌が香ばしい香りを放って、すごく美味しい!!川魚は臭みが出やすいのですが、釣り堀でワタを取って頂いていましたから、とても美味しかったです。ただ塩焼きでも絶対に美味しい。
私は魚が好きなので、2尾頂いちゃいました。

(追記)
この味!!ちょっと思い出しました、
高尾の料亭「うかい竹亭」で秋の料理で朴の木(ほおのき)の葉にのった川魚が出てきたことがあったような!!!
七五三のお祝い、うかい竹亭でお願いします!!(父母へ)

子ども達も丸ごと欲しいというので、そのまま与えました。
わが息子、先月3歳になったばかりですが、魚が大好き。骨を取ってあげるというのですが、自分で取るからいい!といって自分で骨を取りながら食べていました。まぁ、鯛のような骨は無いですから食べやすいかな。
あ~、これなら10匹くらい釣っても良かったかなぁ~~。

のんびりムードの釣り堀のご紹介でした。