ガランピーポロン

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

音楽ネタ第2弾?
お気に入りのCD。
これは大人が聞くだけでなく、子どもにもお薦めの美しく楽しい音楽隊のメロディーです。
いかにも童謡・・という音楽は実は買ってまで聴きたいと思わない私です。
子ども用としてワザワザ出来た曲は私はあまり好きじゃないみたい。
いえ、私自身が歌うなら好きですけど。
子どもが歌うのを聴くのも好き。
ウィーン少年合唱団の歌声も好き。これは別格。
絶対に天使の歌声ってこういう感じだと思う。

今、日本に来ているんですよね~、ああ~、聴きに行きたいよぉ・・・。

 っと、脱線しましたが、こちらがお薦めの・・

最近はテレビでの出演(NHKのおかあさんといっしょのスペシャル?でみつけた・・)などもあり、全国的に有名になった「ロバの音楽座」
私はかつて何度もその公演を聴きに行きました。

そのロバの音楽座の中でテーマ曲とも言えるのが「ガランピーポロン」
それが収められたのが、上の画像がないCDでございます。
画像がないだけぐぐっ、とさみしくなりますね。話もぐぐっ、と盛り上がりに欠けることになります。

ガランピーとはロバの音楽座で使われている楽器たちのこと。(この音楽座の人たちはこう呼んでいるらしい。)
中世・ルネッサンス時代の古楽器、世界の珍しい楽器、それから自作の楽器。その楽器たちの美しい演奏や、歌、奇想天外愉快な舞台を楽しませてくれます。

大きな舞台でも見たことがありますが、客席が近い幼稚園など小規模の公演の方が向いている感じです。自分たちも一緒に行進したくなるような心地好い美しいメロディーを楽しんで下さい。

やはりお薦めは「ガランピーポロン」という曲。
ヨーロッパの古くからのお祭りをイメージさせるような曲です。

大好きだったこのCD。
アンがわからんちんの時代に割られてしまったの。
その時は公演でしか買えないと思っていたので、ショックでショックでしばらく立ち直れませんでした。たぶん、今のレオ(1歳半)よりも小さかったと思いますが、ゆるせん~!と。あれが初めてアンをしかったときではないかと思います。

当時のアンもお気に入りで、ノリノリで踊っていたのに、がばっと、割ったんですよ。完全におシャカになってしまいました。

ああ良かった。
アマゾンでも買える・・・。
今度は子どもたちと公演を聴きに行きたいです。
ん・・・、アンの幼稚園で呼んでくれたら最高なんだけどな・・・。
全国で公演活動をしていますが、東京都立川市が拠点らしいので、地方は回る時期に頼むと良いらしいです。

ROBAHOUSE HOME(ロバの音楽座の公式サイト)
http://www.roba-house.com/