金元宝完成形

『金元宝』
お湯を注いで5分くらいかな、ゆっくりと花が開き出しました。
銀針茶に千日紅とジャスミンが2つ、埋められて乾燥されていたんですね。
味はマイルドでいわゆるジャスミン茶。
子どもたちも興味を示したので、少しずつ取り分けたのですが、「にがくもなくて、おいしい!!」という感想でした。

(ちょっと長くなったので、話は「続き~」にて)

なんだかとっても優雅な感じで癒されます。
いわゆる花茶もいろんな種類があるようで、お茶が好きな人へのプレゼントにいろんな種類の花のお茶をプレゼントってイイかも・・・。少なくとも私はwelcomeですが、好みがあるかな?

これをくれた方、実はネットで軽くショップをされているそうなんですけど、お茶の輸入と日本での販売はいろいろと制限があって難しいので、これは自分用に買った物なのだと言っていました。

ずっと忙しくて時間に追われながらきたのですが、このお茶で随分慰められました。
それから、昨日たまたまテレビで『ウィーンフィル ニューイヤー コンサート2011』の衛星中継を観たのですがこれが素晴らしかった!!!

ウィーン楽友協会大ホールでの演奏会の様子だったのですが、新年にふさわしい、素晴らしい曲ばかり。
明るく、弾むような、あるいは優雅な、流れるような、勇ましい・・・
とにかく元気が出て幸せな気分になるような曲ばかり。
おまけにウィーン国立バレエ団の方たちが素晴らしい衣装で踊り出したり。
それが、バレエダンサーなのですが、衣装はロングドレスだったりするのですが、素晴らしく美しい。
録画しておきたかった。階段で踊ったり、広間で踊って他の部屋に移動して・・・ってまるで宮廷の舞踏会のワンシーンのような。

新婚旅行でオーストリアとスペインも候補だったんですよね。
オーストリアは音楽のことは詳しくないけれど、音楽の都。それに建築物が素敵な物が多いし、クリムトやフンベルトバッサーを生み出した土地。
スペインはやっぱりガウディ!!それにダリのゆかりの地も面白そう。
実際はギリシアに出掛けたのですが、いつかオーストリアにも行ってみたいです。

お友達の音大出身ママは新婚旅行はオーストリアだったって言っていました。
音楽のことなんて私はまったく詳しくないのですが、彼女は音楽の虫(といったら失礼?)
ある夜は徹夜してあるテレビ中継でミサを観ていて、その曲が素晴らしかったので徹夜して譜面に起こしていた、って言っていました。
譜面に起こす??
私には想像がつかないレベルの作業です。ピアノ弾けないし。
でも美しい物を観たり、聞いたり、選んだり。
この1年も美しい物に囲まれて過ごしていきたいな、と思います。

↓このお茶に興味をもったら、こちらからも購入できます。

iPhoneから送信