インコ専門店 こんぱまるに行ってみた!

久しぶりなのでテスト投稿を兼ねて、iPhoneから投稿してみます。

こちらのお店は、横浜の大口駅にあります。近所、僅か数十メートルのところには、同じく小鳥の専門店、バードサロン こうのとりがあります。

大口は商店街が発達していて、その2件のそばには果物やさん、近くにはお魚やさんなどもありました。私たちは車で出掛けましたので、すぐ目の前のスーパー 相鉄ローゼンの駐車場をお借りしました。コインパーキングになっています。お買い物したら駐車券が出ましたので駐車場代は無料で済ませました。

こんぱまるさんは営業時間のスタートが遅く、平日は13時オープン。土日は少しだけ早くて12時オープンです。

早めに着いたので、先にこうのとりさんから覗きました。こうのとりさんは営業時間は11時から18時半までです。毎水曜日と第3木曜が定休日になります。

集会所のような広いスペースにカゴがたくさん並んでいます。いろんな鳥さんがいますが、私たちの目当てのセキセイインコちゃんはたくさんいました。
手乗り用(コンパニオンバード)として、育てられているわけではないようですが、色とりどりのセキセイインコの若鳥に会えるので満足度は高いです。

ジャンボセキセイインコも少しいました。
居ない鳥のお取り寄せや、鳥の相談などもしてくれるそうです。

お客様には困っていないとサイトでも書かれているので、お店の方が寄ってくることもなく、黙々と鳥たちのお世話をされていますが、本気のお客様とは膝を並べてくれそうな様子です。

餌も袋詰めだけでなく、こちらで仕入れたままの状態のフレッシュ?なものも扱っているようです。
セキセイちゃんたちは元気いっぱいで半月型の水入れで代わる代わる水浴びしたり、微笑ましい様子でした。


さて、こんぱまるさんにも行ってみました。
こちらは小さなお店です。チェーン店であちこちにあり、評価も高いのですが、セキセイはジャンボセキセイインコが1羽のみ。他のマニアックなインコ類は感染症予防などかなり気をつけて管理されています。

ペレットの種類、インコちゃん用の栄養補助食品、知育玩具なども取り扱い多めです。

店員さんも黙々と仕事されている感じでしたが、ネクトンSのことで質問しましたら、きちんと丁寧に説明してくれました。

我が家、もう1羽お迎えしたいと思って、セキセイインコの取り扱い店を当たっていますが、ホームセンターより専門店の方が、やはりセキセイインコの扱いが丁寧な場合が殆どだと思っています。

給餌中の雛の様子、餌の与え方をみるとわかりやすいです。特にセキセイインコはカワイイのに単価が安くて多分売り上げにあまり貢献できないから、その扱いははっきりしている気がします。

インコ・オウム専門店 こんぱまる
http://www.compamal.com/

バードサロン こうのとり
http://sp.raqmo.com/kohnotori/index.php?shop_id=1546&page_id=0

相鉄ローゼン 大口店
http://www.sotetsu.rosen.co.jp/shop/0002-2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする